仕事の文章は3行でまとめなさい

■本の構成
【第1章】
売り上げを20倍に変えた文章術の秘密
【第2章】
仕事をダメにする書き方の共通点
【第3章】
言いたいことは3行でまとめなさい
【第4章】
短い言葉で人を動かす7つのポイント
【第5章】
文章ベタ・話ベタこそうまくいく
ちょっとしたコツ
【第6章】
人と差がつく文章の裏ワザ
【第7章】
「短くまとめる技術」で伸びる7つの仕事力


【感じたこと】
3行でまとめる
必然的に内容を絞り込むしかないので
相手に伝えるトレーニングに最適。

1行35文字として3行で105文字

ストレートに話さざる得ないからパターン
ポイントが伝わると思います。

「一筆箋日記」
トレーニングとして有効と思います。

  • 3行程度の短い内容にする。
    箇条書きや記号、イラスト(一筆書き)、体言止めも利用する

  • 内容をパターン化する
    天候と、毎日一つは仕事のアイデアを書くと決める

P.31より抜粋

内容のパターン化について
この本で紹介されていたのが

  • その日感じた嬉しかったことを一つ。
  • 資格取得の勉強の進捗状況。

でした。

【今後実践していきたいこと】
応用情報技術者試験の勉強の真っ最中の私にはピッタリ。
ということで、

「一筆箋日記を書く」

毎朝、昨日の応用情報技術者の勉強の進捗状況を書き始めました。
昨日を振り返って、今日の目標を立てやすくなります。

そういえば、中学生のとき
よく宿題で「5行まとめ」が出されていましたが
当時の先生も、同じような意図があって
宿題にしていたのかなと思いました。



仕事の文章は3行でまとめなさい
臼井由妃 著
青春出版社

Comments are closed.