無線LANルータを見に電気屋に行った。

応用情報技術者試験の午後問題対策をしています。

ネットワークやセキュリティ分野が苦手なので、重点的に勉強しています。

わく☆すたブログの電気屋で勉強するの記事を読んで、
早速、池袋のヤマダ電機へ無線LANアクセスポイントを見に行ってきました。

参考書で勉強した用語がずらずら~と書いてありました。

IEEE802.11b、IEEE802.11gは、大体の機種で対応出来るみたいです。
そして、電波の干渉に強いという長所を出した製品として、
IEEE802.11aに対応しているものがありました。

最新機種では、
デカデカ~っと「IEEE802.11n」「300Mbps」の文字が並んでいました。

干渉に強いaに対応していることを売りにしつつ
でも、パソコンやゲーム機などの端末がaに対応していないことが多いため
その時は、bやgに切り替えて使えますよ~、というものが主流のようです。

参考書でも、それぞれの規格についての説明がありますが
実際の機器をみて、そして、メーカーのパンフレットや店頭POPを通してみると
実感が湧いてきます。

現在の状況を知る上でも、
たまには電気屋さんへ行って情報を仕入れることも
必要と思いました。

※2010年10月8日時点の情報です。
私の勘違い、覚え違いなどがある可能性がありますので
ご了承ください。

■規格ごとの特徴

規格名 周波数帯 最大伝送速度 メリット デメリット その他
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps ノイズに強い(干渉が発生しにくい)。 対応機種が少ない。  
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps 普及している。障害物に強い。 他の規格に比べて速度に劣る。干渉が発生しやすい。 最も古くから普及している。
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps 普及している。bに比べて速度は速い。 干渉が発生しやすい。 bの上位互換性あり。
IEEE802.11n 5GHz 300Mbps 速度が速い。干渉が発生しにくい。   a,b,gとの相互接続可能。

■チャネル
周波数帯域によって、使えるチャネルが割り当てられている。

帯域  
2.4GHz 1~14ch
※一般的に出回っているものは、13chまでのものが主流。ch同士で重複している部分があり、全く重なり合わないように同時に複数のchを使おうと思うと、1~13chの場合は、最大3つ(「1,6,11ch」、「2,7,12ch」などの組み合わせ)、1~14chの場合は最大4つ(「1,6,11,14ch」)です。
5GHz 36,40,44,48,52,56,60,64ch
※それぞれのchが独立していて、重複がない。

■参考
全般

チャネル(チャンネル)

ISMバンド

Tags:

Comments are closed.