Archive for the ‘ライフ’ Category

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 名古屋 #2に参加しました。

日曜日, 7月 31st, 2011

2011/07/30(土)
コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 名古屋 #2
に参加しました。

東京 #14 に参加したときに
名古屋で開催されることを教えていただき、参加できました。

名古屋駅のタワーズビルの12階にある
ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン
で行われました。

東京での立食形式とは異なり、7人でひとつのテーブルを囲んで
語り合いました。

ご自分で証券会社を通じて、ファンドを選んで運用していらっしゃる方々が
多くいらっしゃいました。

私のイメージでは、
コツコツ=チョクハン
が強いのですが
長期の目線で資産運用するという目的は一緒であり、
また私の視野が広がりました。
せっかくなら、自分でも楽しみたい。
ほったらかしもいいけど、自分でファンドを選んでみるのも
楽しそうだな、と思いました。

これから運用対象を探していくうえで、目からうろこだったお話がありました。

インデックスファンドは、
どれも指標(たとえば、日経平均やTOPIX)と同じ値動きを
目指して運用するので、もし今持っているファンドが無くなっても
他のインデックスファンドへ乗り換えやすい。

これは、その通りと思いました。
今持っているファンドがずっと続く保証はなくて、無くなった時のリスクを
回避するためには、乗り換え先のことも視野に入れておくのも良いかなともいます。

チョクハンは、それぞれの運用会社で方針があって
それに共感して買うので、われわれ投資家も一緒に楽しむことができる点が好きです。
しかし、もし不測の事態で、そのファンドが無くなったら・・・と考えると
インデックスファンドを組み合わせた自分のファンドを作っておくのも良いかなあ。

今の段階では、まだ答えは出ていませんが、
証券会社を通じたインデックスファンドの購入も考えてみたいと思いました。


お店情報

ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン

関連ランキング:フレンチ | 名古屋駅近鉄名古屋駅名鉄名古屋駅

いただいたお料理
本日のランチ
“ポール・ボキューズ”のスペシャリテ
甘鯛のポワレ ジャガイモのクリスティヤン ウロコ仕立て

メインディッシュにバケットに入ったフランスパン
デザートのケーキとドリンクでした。

魚料理として甘鯛をいただきましたが、甘めのソースでとてもおいしかったです。


話題になった書籍

百々ヶ峰ハイキング

土曜日, 5月 21st, 2011

2011年05月21日 晴れ

往路   復路
通過点 通過時間   通過点 通過時間
長良公園(発) 10:05   頂上付近(発) 12:45
岐山高校付近登山口(発) 10:30   岐山高校付近登山口(着) 13:30
頂上付近(着) 12:00      

大学生の時にお世話になった先生が首謀されている
山登りの会にご一緒しました。

今年、岐阜へ戻ってきたことを知った先生から
定期的に山歩きをしているので、よかったら一緒に~
というお便りをいただいたのがきっかけです。

百々ヶ峰です。
岐阜市で一番高い山で、標高417mです。

大学でお世話になった先生と、
同じくお世話になった大学の元職員の方と
私で3人で登りました。

約10年ぶりにお会いしました。

約1時間半、のんびり景色を楽しみながら歩きました。

初夏で、日差しが強く、
汗が止まらないくらいでしたが
ところどころの木陰に助けられました。

木によっては、曲がりくねっていたり、
倒れていたりしていますが、それを
周りの木が支えていて、山が成り立っています。

上から岐阜の町を見下ろしながら、改めて岐阜に帰ってきたなあ
と思いました。

頂上から少し下ったところで、
お弁当を食べました。

いつも思うのですが、同じものでも外で食べると
おいしく感じます。
これが山歩きの楽しみの一つであったりします。

山歩き自体が久々で、普段歩く機会が少ないので、
少々筋肉痛に襲われています。

柳ケ瀬にドンキがやってきた。

木曜日, 5月 5th, 2011

連休最終日だから、というわけではありませんが
岐阜の柳ケ瀬に新しくできたドンキホーテに行ってきました。

車で移動することが多い岐阜では、
駐車場の便利さでいうと
郊外の大型ショッピングモールへ行く人が多いです。

柳ケ瀬は、昼間でも閑散としていて寂しいのですが
ドンキホーテのまわりには、人、人、人・・・。

お店の中は、すれ違うのがやっと、というくらい
賑わっていました。

地元が元気になっていくので、
とてもうれしく感じました。

何気ない行動でも人によって視点が違う。

日曜日, 4月 17th, 2011

昨日は、2週間ぶりにボイトレに行きました。

休憩時間に、リラックスしながら、ストレッチをしていました。

私がよくやるのは、背中を緩めるために
正座をした状態で、上半身を正座した足にくっつけるもの。

それをたまたま見た、同じクラスの方が、笑い出したので、
最初は???だったのですが
お祈りのポーズに見えたそうです。
ユニークな発想だなぁ!(笑)

思わず、そこにいらっしゃったインストラクタ、受講生のみなさんが
笑いで和やかになりました。

普段やっていたストレッチでも、
人によっていろんな見方ができて、
またそのツッコミで、自然に場が和む雰囲気が
とても居心地が良いです。

でも、「何のお祈りですか?」と聞かれたときに
とっさに面白い返しができなかったのが心残りです(笑)。
もっと、話術を磨かねば・・・。

ガーベラ

日曜日, 4月 10th, 2011

3月11日(金)の東日本大震災
で被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、
一日も早い復旧を重ねて心よりお祈り申し上げます。

久々のブログ更新です。
3月13日(日)
響舞2011でいただいたガーベラ。

4月8日(金)まで約1か月間、元気に咲いていてくれました。
花言葉は「神秘」
辞書で神秘を調べたら

人間の知恵では
はかり知ることのできない不思議なこと

※現代新国語辞典 金田一春彦 学研 1994年 より

不思議なこととは何なのか?
今はわかりませんが、これから生きていく中で
素敵なことが隠れているのかなあ、と考えたりしていました。

お金は銀行に預けるな

火曜日, 12月 21st, 2010

勝間さんの本は初めて読みました。
金融知識について非常に分かりやすく
身近な例えを出しながら解説されています。


本の構成

はじめに

第1章
金融リテラシーの必要性

第2章
金融商品別の視点

第3章
実践

第4章
金融を通じた社会責任の遂行

おわりに


最近、いろいろ投資信託に関する本を
読んできましたたが、
それぞれ、リスクを抑えた
長期の投資信託による投資に関する内容でした。

そして、自分の資産を増やすための手段
投資によって、世の中にお金を回し、
そのお金が世の中を元気にするために
使われるということでした。

この本で見つけた新たな視点は
「ワークライフバランス」を保つため
ということです。

ワークライフバランスの改善が必要だと
いわれていますが、その一つの方法が、
家計がよりリターンの高い金融資産を持ち、
労働収入にすべてを頼らない収入をもつこと

中略

単純労働においてはアジアを始めとする
発展の目覚ましい他の国々の安い人件費に
日本はかないません。

中略

ITの進展によって、熟練労働も
どんどん代替されてきています。

中略

日本において労働収入によって
これまでと同じ収入を
稼ぎ続けようと思えば思うほど、
よりきつくて難しい仕事を
長時間せざるをえなくなるのです。

P.24~25 抜粋

自分の資産を増やすことによる具体的な
メリットということもできると思います。

収入を得る手段として
労働収入以外のものを用意しておく
ということは、今の雇用状況の不安定からいえば
必要になってくるのかなと思います。

元本保証ではない投資信託などに投資する場合
リスクはあります。

高いリターンには
常に高いリスクが伴うということです。

中略

金融リテラシーを身につければ
チャンスがより広がることになります。
なぜなら、金融リテラシーがあれば、
株などの損益の変動は当たり前・・・
P.33抜粋

リスクというのは、あくまで計量かのうで、
コントロールできないリスクを取ってしまうことは
リスクとはいえず、
単なる危険(ギャンブル)を指します。
P.48抜粋

リスクを事前に知っておくことで、
それを回避、もしくは最小限にすることが
可能であると思います。

私が思いついた身近なリスクの例としては、
携帯電話の契約。

2年契約にすることで
月々の基本料が安くなる。
でも、途中解約はできないか、
解約には違約金が発生する。

よくある例ですが、
途中解約する場合には損をするのであって
使い続けるのであれば、得をします。
事前に知っておくことで、
この制度を利用することで
得をすることができます。

何かの本で読んだことのある内容ですが、
人は常に何らかのリスクを抱えている。
事故にあう、病気にかかるなど。
事故にあうから、外出しない。では
つまらない。事故にあわないように
交通ルールを理解して、安全に行動する。

人間関係を円滑にしてトラブルを回避するために
道徳教育を受ける。

それと同じで、金融のリスクを回避するために
金融リテラシーを身につけるということを
勝間さんは言いたかったのかな、と感じました。

学校教育で、金融に関してはあまり活発な
イメージはないし、
私もあまり記憶がありません。

最近は、前よりもメディアで投資について
取り上げられることが多くなり
だんだんと貯蓄から投資への流れが
でてくるにつれて、学校教育も変わることを
期待します。


リンク
勝間和代 – Wikipedia
勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!
勝間和代オフィシャルサイト


お金は銀行に預けるな
著者:勝間和代
発行所:光文社

チーズさつま芋もち

日曜日, 12月 12th, 2010

スイートポテトのおかず版、という感じでした。

泉13号という、小ぶりの手のひらサイズの芋を使いました。

バターの香りと、チーズのコク、ほんのり甘いサツマイモが
ベストマッチでした。
少しスパイシーさがほしくて、塩コショウをプラスして、
おかず版スイートポテト感覚でいただきました。


マッシュしたところ


小判形にまとめたところ


焼いているところ、バターの香りがたまりません。

レシピはこちらを参考にしました。
Cpicon もちもち☆チーズさつま芋もち by nanagofan

泉13号

日曜日, 12月 12th, 2010

おいもやで注文していたさつまいも「泉13号」が届きました。
泉13号とは、干し芋に使われるもののようです。
小ぶりで、丸干しにすることが多いようです。


ごぼうのような色と、小さいのが特徴。
手のひらに乗ります。

さて、どう料理しようかな。

英語が身近に迫った出来事

月曜日, 11月 8th, 2010

11/6(土) 午後に、原宿の100円ショップでの出来事。

中国人と思われる方が
店員さんに、商品の値段を聞いていました。
そこで「105円」と言われていました。

その後、私の方へ寄ってきて
英語?で話しかけられました。
「★◆〇-#・・・」???
困った顔をしたら
「ヒャクゴエン ナインティファイブ」

105円の意味が知りたいのだな、と思い
「ワンハンドレッド ファイブ」
といいながら、指で
イチ マル ゴ と数字を示して
いいました。

すると、相手は笑顔で
お礼らしき言葉を言っていました。

身振り手振りで伝えようとすれば
何とかなることもあるなあと思いました。

以前、テレビで
外国の方から日本で不便に感じたことで
「日本人で英語が話せない人が多い」
ということが挙げられていました。

自分は関係ない(英語を使うことなんて無い)
と思っていた矢先だったので、
勉強しないといけないなと思いました。

事業仕分け 第3弾 を傍聴してきました。

木曜日, 11月 4th, 2010

事業仕分けが、
池袋のサンシャインシティ文化会館で
行われていることを知り
急遽、行くことにしました。

正直な感想は
「よく分かりませんでした。」

何の予備知識もなく傍聴した
ということが大きかったと思います。
そしてに、
ガバナンスやらなんやら
馴染みのない言葉が連発なので
ちんぷんかんぷんでした。

私が傍聴したのは
10/22(土)午前の
国有林野事業特別会計

「一般会計」と「特別会計」
以前は、特別会計であったものを
一般会計に移す?

「一般会計」「特別会計」
の位置づけがよく分からないし
これらの間で移動させたところで
何が変わるの?
財布が変わるだけじゃないの?
というのが正直な感想でした。

行政刷新担当大臣の蓮舫氏を
見ることができたので
良かったです。

これを機会に、政治に関心を持って
よく出てくる用語くらいは
知っておくべきかな、
と思いました。


リンク
内閣府 行政刷新