Archive for the ‘IT勉強会’ Category

カンファレンスに求めるもの@OSC2015 Nagoya

水曜日, 5月 27th, 2015

2015/5/23(土) オープンソースカンファレンス 2015 Nagoyaに行ってきました。

今こそ語るエンジニアの幸せな未来 ~OSC名古屋編~
さくらインターネット社枠)

こちらで、多くの方々が参加して、話を聞いて見えるのをみて
みなさんが問題意識というか、なんか持ってるのかな、と思いました。

空気というか雰囲気というのは大事、
ということをパネリストの方々が言って見えて
そこに激しく共感しました。

話はそれるけど、ネットを通じたコミュニケーションが発達していますが
やっぱり、リアルに会って話したくなります。
空気というか雰囲気を求めているのかなあと思います。

参考記事
宮原徹氏、語る。「オープンソースカンファレンスがなくても、コミュニティが情報発信する世界が理想」 - @IT自分戦略研究所

第2回Twitter研究会

日曜日, 9月 5th, 2010

第2回Twitter研究会に行ってきました。
既に予定があったため、午後からの参加となりましたが、
話題満載の有意義な会でした。

私のTwitter利用は、ミニブログとして利用しています。
ブログに書くほどのネタではないけど、メモしておきたい
というときに非常に便利です。

それなら、メモ帳に書いておけばいい、ということも思いましたが
電子媒体になることで、後からの検索がしやすいこと
そして、引用も該当のURLを入れておくだけで簡単にできることが
気に入っています。

そして、1日分のtweetをブログに投稿する形式をとっています。

そんな私が気になっているのは、既に投稿されたtweetの活用法です。
具体的には、まとめです。

そこで講演を聞いて気になったのは、TogetterとOneTopiです。


Togetter

自分で好きなtweetをピックアップして、ひとつのグループとしてまとめたものを
共有する、というもののようです。
ハッシュタグを使えば、ある程度抽出することができますが、
魅力的なのが、人間が判断して、取捨選択できるという点が魅力です。

私は、よく気になるtweetをお気に入りに登録していますが
グループ分けができないので、togetterを使うことでさらに便利に
使えることが期待できると思います。

講演の中でありましたが、ポイントは、その場でまとめることだそうです。
確かに、twitterという性質上、時間が過ぎればtweetが流れてしまって
追えなくなるし、自分のやる気も落ちてくるので、そこは重要なことと思います。

このことに気をつけながら
これから、ちょくちょく利用してみたいと思うサービスです。


OneTopi

【OneTopiとは】ネット上の記事を話題のテーマごとに集約し、
そのテーマに詳しい専任解説者(キュレーター)のコメント付きで
紹介するWebサイトです。

とのことです。

講演の中でありましたが、
このサービスを作った担当の方は
自分ではじめからつくるより
既にあるものを利用して作るほうがいいと思ったとのことのようです。

既存の情報をうまく利用する、
今人気の池上彰さんみたいに、既存の情報を分かりやすく提供してくれる
そんなサービスになっていってほしいと思いました。


そのほかに、
企業でツイートするときのセーフティネット(TwitSafe99)を開発しているお話や
自社商品をキャラクターを立てて、面白く紹介するコレカモのお話など
さまざまな試みがあり、可能性があるtwitterです。

第3回の開催が予定されているとのことで
是非参加したいと思います。

第53回PHP勉強会@関東

土曜日, 6月 26th, 2010

第53回PHP勉強会@関東」に行ってきました。

今回は、マイクロソフトさんに会場をご提供いただいて開催されました。

今回の発表は、
それぞれご自分で興味を持ってやって見えることの発表が中心でした。

1.RESTっぽい HTMLフォーム
恥ずかしながら、REST自体、初めて聞きました。
RESTを知らないところで話を聞いていたので、
若干聞き流してしまった部分もありますが、
HTMLフォームに決まった書き方をすることで
PHPソース自体のコーディングの負担の軽減ができるのかな
と理解しました。
機会があったら見てみたいテーマです。

2.スクリプトの難読化
お客様のサーバにソースを置くときに、
暗号化ではないけど、読みにくくすることのお話でした。
ぱっと見、なんのソースか分からなかったです。
難読化のために、エンコードしたりすることで実現するそうです。
共同開発者だれでも見やすくするための、読みやすくするためのソースを書くことは
日々心がけていますが、その逆のことは考えたこともなく
新鮮でした。

3.新潟アクセス修飾子
読めるけど書けない、修飾子を作ってしまった。というお話。
タイトルを見たとき、どこかのコミュニティの紹介なのかなと思いました。
実際は、public,protected,privateに続く修飾子として
他クラスから参照は出来るけど、書き込むことはできない位置づけのものを
作ったというお話でした。

今回、会場をご提供いただいたマイクロソフトさんの紹介ですが
最近、ウェブに力をいれているそうです。
http://www.microsoft.com/web/

ウインドウズにアプリケーションがサイト上のリンクをクリックすることで
簡単にインストール出来てしまう、
Windows Web App Gallery」があります。

また、Web開発アプリが3年間無料という
Microsoft WebsiteSpark」があるとのことです。
ググっていたら、関連記事が掲載されていました。
ITmediaさんの関連記事

懇親会は、NIJYU-MARU 新宿南口店さんで行われました。

料理の量が若干少なかったような気がしますが、
ゆっくり時間をかけて食べていたので
それほど気になりませんでした。

飲み物は、今回は少なめ3杯
生ビール
梅酒(ロック)
カシスマンゴー
をいただきました。

フリーランスや会社経営をして見える方の参加も多く
普段聞くことのできない観点の話が聞けるのがうれしいところです。

一方、私の売りにできるところは・・・となると
???なので、聞くばかりで、私の話が提供できないのが
申し訳なく思う部分もあります。
まあ、楽しく聞いて話して、飲んで食べたので、よかったです。

【SPECIAL THANKS】
幹事 kashiokaさん
会場提供 マイクロソフト株式会社さん
発表者 asao_jpさん、shimookaさん、super_rtiさん
参加者の皆さん
懇親会会場 NIJYU-MARU 新宿南口店さん

どうもありがとうございました。

第52回PHP勉強会@関東

水曜日, 5月 12th, 2010

第52回PHP勉強会@関東」がグリー株式会社さんで行われました。

最近、保守やサポートにまわることが多く、
自らコーディングする機会が減ってきました。

また、情報処理やプログラミングの基礎を学ばずに
見よう見まねでやってきたのですが、
プログラマ暦7年目となり、
基礎がないと正直厳しいと感じるようになってきました。

そんな不安な気持ちを拭うきっかけになればと
最近勉強会に参加しています。

今日は、実際にアプリを開発している方のアプリ紹介や
開発過程、使っている環境などを中心にお話を聞くことができました。

参加される方は、私と同じように、皆がどんな開発をしているのか
知りたい、と思っている方が多いようです。
私は、主に一人で作業をすることが多いので
独り善がりになりがちです。

定期的に参加することで、私自身のモチベーションを高めるとともに
自分で勉強する良い入り口と出会えたらいいと思います。

【今後やって行きたいこと】
yoyaさんの発表ですが、バイナリの処理についてのお話でした。
バイナリそのものも気になるのですが、私が共感したのは
自分で処理を書いた後で、それを処理してくれる関数を見つけたけど
あえて、ご自分で書かれた処理を発表されたこと。

関数を使えば、楽だし、既存のものを利用することも大事ですが
自分で手を動かしてやってみることの大切さに改めて気づきました。

まずは、仕事以外で、自分のホームページなどで簡易な機能をつけるべく
手を動かしてみようと思います。

【懇親会】
懇親会は、六本木駅6番出口付近のJAZZ CAFE LONDONで行われました。

落ち着いた雰囲気のお店で、ゆっくりお話することができました。
ウインナーとビールが美味しかったです。
料理は、自分で取ってくるのですが
幹事のkashiokaさんが、定期的に各テーブルをまわり
声をかけてくれるので、料理も取りやすかったし
会場が和やかな雰囲気で楽しめました。

どんな開発環境を使っているのか、どんなシステムを作っているのか
など話ながら、思ったのは
大規模なプロジェクトチームというよりは、個人プレーで
グーグル先生が頼り、という方々が結構多く、
交流ができたことが有意義でした。

【SPECIAL THANKS】
幹事 kashiokaさん
会場提供 グリー株式会社さん
発表者 twkさん、hirakiucさん、yoyaさん
参加者の皆さん
懇親会会場 JAZZ CAFE LONDONさん

どうもありがとうございました。

第50回PHP勉強会@関東

火曜日, 2月 23rd, 2010

昨日、平成22年2月22日

第50回PHP勉強会@関東に参加しました。
今回は、応募が多くすぐに埋まってしまったので、追加募集で申し込みました。

「オープンソーシャル」をテーマとして、3名の方のお話を聞きました。
mixiアプリを使ったAPI関連が話題を呼んでいますが、
普段の私は、自己完結型の開発(外部への連携なし)が多いので
新鮮な内容でした。

APIを使ったことがないので、調べてみて簡単なアプリが作れたら楽しいだろうなと思います。

そして、懇親会は
神保町のすずらん通りの日比谷BARさんにて行いました。
50回記念ということで入り口には専用の看板が用意してあり
会場内に横断幕と驚きの連続でした。

私は無謀にも、ライトニングトークをしようと思い立ち、
データ型とバリデーションの関連について話しました。

せっかくお時間をいただいたにも関わらず、緊張のあまり
通らない声で、淡々と話してしまったなあと申し訳なくも
熱心に耳を傾けていただいた皆様にありがたく思います。
ありがとうございました。

バリデートを自前で実装することも多いですが
フレームワークを使っていてその中に適切な機能があれば
それも使うのも一つとは思います。

発表資料をアップしました。
こちらからご覧いただけます。

緊張のあまり、食事はあまりできませんでしたが、
皆さんと交流する機会が得られたことが良かったと思います。

次回以降、LTする機会があったら
もっとバージョンアップしてLTしたいと思います。

私は一応対外的にプログラマを名乗っていますが
実際は、システム保守やヘルプデスク、PCの機器セットアップなど
若干開発路線とずれてきているので、久々にPHPをする良い機会でした。

最後になりましたが、
幹事のgusagiさんを始め、運営に関わってみえた方々
会場を提供いただいた、コンテンツワンさん
参加者の皆さんに、この場を借りてお礼申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

第48回PHP勉強会@関東

木曜日, 12月 10th, 2009

第48回PHP勉強会
永和システムマネジメントさんの会議室にて
行われました。

PHP勉強会に参加しました。
PHP系のイベントは先日のPHP懇親会に続き2回目です。
勉強会としては今回初めてです。

————————————————–
・2009年のPHPネタをまとめてみる(gusagiさん)
今年の振り返りの内容を発表いただきました。
Cakeに関する単独勉強会が多かったということで、人気があるなあと
感じました。ust中継率が多いということで、会場以外からの参加も多い、
関心が高いと感じました。

・Live TDD with CakePHP(k-kishidaさん)
Cake祭りのワークショップの内容をもとにして発表いただきました。
Cakeの人気を改めて知りましたが、テストそのものをやりやすくする方法が
フレームワークにもあるということで、利用してみたい
という気持ちが増してきました。

・WordCamp NYCに行ってきた(yandodさん)
NYとスカイプで中継でした。
WordPressもブログソフトとして非常に有名ですが
海外のイベントは、技術者より利用者立場の方が多いという
現状や年齢層が広いことから、日本よりブログ利用について
積極的と感じました。
音声も画像もクリアで、中継という試みが
PHP勉強会って進んでいるなあと感じました。
————————————————–

CakePHPは人気があり、利用が多いと感じましたし、
懇親会でも話題にあがりました。

私は最近、ハンズオンの動画をみて
個人的な利用を始めたばかりなので
正直コアな話題にはついていけていませんでしたが
次回の勉強会が楽しみです。

皆様、どうもありがとうございました。

第4回PHP懇親会発表のフォローアップ

金曜日, 11月 20th, 2009

PHP懇親会での私の発表へのご意見と
私の考えを入れたフォローアップを掲載いたします。

発表資料を含んだ記事はこちら

————————————————–
■Oracle
postgreSQLのようなpg_escape_string()が無い中
どのような方法を使っていますか?

・(私が発表したbindを使うことに加えて)
バリデーションをすること。
→入力値であれば、想定値があると思うので
チェックして、どこがおかしいのか画面に表示する。
たとえば、郵便番号なら数字とハイフン以外NGで
間違って全角を使っていたら画面に表示することで
ユーザもどこを修正したらよいか分かる。
・PDOライブラリを使う。
→PDOとは PHP Data Object の略。
PHP 5.1から実装された、
新しいデータベース抽象化のためのクラス。
各データベースに対して固有のPDOドライバを用意することで、
共通のAPIを用いたデータアクセスを可能にしつつ、
ネイティブドライバに近い高速な処理を実現している。
http://www.weblio.jp/content/PDO より

PDOでは主要なDBが使えるので、組み込まれている関数を使えば
割と簡易にSQLインジェクション対策ができそうです。

PHPマニュアルにも解説がありますね。
————————————————–
■フレームワークのよさは?

・フォームの入力チェックなど良く使う処理が
簡易に書ける。pg_escape_string()などの処理も
ミスや漏れが無く、全てに適用できる。
・学習期間は必要だが、2回目以降に生きてくる。
→初期投資と考えれば、
フレームワークに限ったことではありませんね。

・Cake PHPについて、動画が公開されています。
Cake PHP ハンズオン
私も時間を見つけて少しずつ見ています。
————————————————–
■フラグの型は何型?
例:削除フラグ 1は数字型?文字型?

・TINYINT これはINTとは違う。
CHAR型と幅は同じ。C言語的な発想。メモリの節約になる。

[TINYINT]1バイト、-128~127
[INT]4バイト、-2147483648~2147483647

参考
int(1)とtinyintについて

tinyint

————————————————–
■変数の命名について

・少なくとも自分の中では、方法を統一しておくべき。
・変数名は、DBのカラム名にあわせたほうが良い。

まずは自分なりのポリシーを持つことですね。
メンバで開発する場合は、お互いに話し合って
規約を統一することも必要になると思います。

代表的なものに
ハンガリアン記法
また、Pearのドキュメントにコーディング規約もあります。
ここの第4章内が命名規約

これらの多くの方が見ていると思うのもを参考に
自分なりの方法にアレンジしていくのが良さそう。
————————————————–
■エラー判定、変数比較

戻り値からエラーかどうか判定する手法ですが
あくまで処理で何が戻ってくるか、によりますね。

true or false と決まっているなら
falseをエラーにすればよい。

厄介なのは、数字が戻る可能性があったら
0は正なのか?
その辺を踏まえたうえで
emptyで比較する、というご意見もいただきました。
————————————————-

第4回PHP懇親会に参加しました。

日曜日, 11月 15th, 2009

第4回PHP懇親会に参加しました。

勉強会は初参加でしたので、参加しようか非常に迷いましたが
参加してよかったと思います。

まずは、OSCなど大きなイベントに参加して
セッションを聞く側でしたので、吸収することは多かったのですが
自分から発信するには敷居が高い気がしていました。

今回参加する決め手になったのは、
全員発表すること、ということで、自分の開発のスタイルと
気になっていることの質問形式で進めました。

皆さんから多くの意見をいただいたので、
さらに勉強して、フィードバックできればと思います。

この場を借りて、皆様にお礼申し上げます。
ありがとうございました。

昨日の発表資料です。
第4回PHP懇親会発表資料20091114