Posts Tagged ‘ヴォイストレーニング’

Summerパラ・セミナー2011

金曜日, 8月 26th, 2011

2011年8月13日(土)~14日(日)
私がお世話になっているボイトレのBreavo-paraの
Summerパラ・セミナー2011」に参加しました。

発声するためには、体の芯を作る必要があり
そのために、インナーマッスルを鍛えるトレーニングを行いました。

そして、最後には、みんなで楠瀬先生がセミナー用に書き下ろされた
オリジナル曲を歌いました。

歌というのは、聴くもの。聴いて楽しむものというのが
私の中であったのですが、自分で歌うのも楽しいものです。

みんなで同じ歌を、それぞれ自分が主体となって歌う。
歌いながら、みんなの楽しそうな笑顔を見ながら
自分も楽しく歌えた時間はとても有意義でした。

リンク
フォレストイン昭和館 (セミナー開催場所)
ブレイヴォーパラ日記 – Breavo – Paraのみんなへ 8.14

一心一写 – サマーセミナー
Togetter – 「Summerパラ・セミナー2011」関連のつぶやき

2010 夏の「響祭(ひびきさい)」

月曜日, 7月 5th, 2010

私がお世話になっているボイストレーニングのBreavo-paraさんで
「響祭(ひびきさい)」というイベント(懇親会)がありました。

昨年、10月から2ヶ月の丸の内朝大学 ビジネスヴォイスメソッド
受講したことがきっかけで、2月よりお世話になっています。

白金台のジョンティアッシュさんでフレンチです。

あらかじめ、クラスレベルが近い方々を中心とした席次で
リザーブされていて、随所に、上級クラスの方、インストラクタさんが
入られるパターンでした。

各種ワインやカクテルがあり、フレンチとともにいただきながら
普段レッスンでご一緒する機会のない方ともお話ができました。
皆さん、何かしら声に変化が出ていると実感されているご様子です。

私がレッスンに通いだして、5ヶ月ほど過ぎましたが
何となく、声が出しやすくなって、疲れにくくなった感じはあります。
そして、毎回のレッスンでは、ケアといって
声に必要な筋肉などをほぐすことを行っていて、それにより
声だけでなく、気持ちにもゆとりが出てきているのも事実です。

なぜ、という理論は正直分かりませんが、
自分の身体が感じ取っているのは事実です。

他の受講生の皆さんも、それぞれ変わり始めたことを感じ取られている
ようです。

皆さんとお話することで、自分の状況も同じだな、
これでよかったんだな、と再認識できた意味でも
とても有意義な時間でした。

半年後、どうなっているか楽しみです。

【スペシャルサンクス】
Breavo-para インストラクタの皆さん
参加された受講生の皆さん
ジョンティアッシュ スタッフの皆さん

丸の内朝大学 ビジネスヴォイスメソッド講座 卒業

火曜日, 12月 1st, 2009

遅くなりましたが…
11/25 丸の内朝大学 ビジネスヴォイスメソッド講座
卒業を迎えることができました。

受講してよかったと思います。
正直なところ、
自分では目に見えて声が変わってきたと感じる段階ではありませんが、
楽に声が出せるコツは分かり、実感しています。

朝時間の活用について
朝は自分の時間にしやすい。
出社前に、体を温めて、声を出すことで、スムーズに仕事に就くことができました。

楠瀬先生をはじめ、スタッフの皆様方のサポートをいただきながら
毎回、体にしみこませて実技をすることができました。

技術的なことは、ここで記述しませんが
ひとつだけ私が確信したことは、呼吸。
まずは、体内の空気を出し切る。
出し切れば、自然とたくさん空気を吸う。

当たり前のことではありますが、これをやるのとやらないとでは
声を出すときの声帯への負担は違います。

 直接この講座とは関係ありませんが
 これから紹介するお二方も同様の呼吸法を話して見えました。

 ■齋藤孝さん
 明治大学 文学部 教授
 呼吸を深くすることで、疲れにくくなり集中力が増す。
 吸って、止めて、吐いて(15秒程度)
 (ある講演会でのお話より)

 ■三浦雄一郎さん
 プロスキーヤー 登山家
 75歳でエベレストに登頂されたことで有名ですが
 高所の酸素が薄いところでは、体内の空気を出し切ることで
 酸素を効率よく取り入れることができる。
 体内の酸素濃度が上がるので、高山病にかかりにくくなる。
 (ぶらり途中下車の旅 に出演されたときのお話より)

最後は、皆さんで拍手で締めました。
楠瀬先生の書籍を購入して、その場でサインを入れていただいたのですが
その時に、先にも記述した「呼吸法」については
自分でも実感したことをお話したところ
「その気付きが大事」とのコメントを頂けました。
自分でこの2箇月で学んだことは間違っていなかったなと感じました。

—–
Breavo-para(ブレイヴォーパラ)

↓私が購入した楠瀬先生の書籍

人生と運命を変える声の育て方

水曜日, 10月 28th, 2009

丸の内朝大学のビジネスヴォイスメソッドを受講しているのですが、今朝は4回目。
声帯に負担をかけずに声を出す練習をしていますが、なかなかうまくいきません。

日常的に、思い出しては実践、思い出しては実践、繰り返して、体に覚えさせるのが
一番いいとは思います。

相手に聞きやすい声というのは、大きな声でなくても、通る声であれば、
声帯に負担をかけないで話せる、という理屈が身につくまで、意識して実践していきたいと思います。

それにしても、朝からいつも以上に呼吸をして発声することは
予想以上に体力を使うので、体が熱くなり、お腹もすきます。
目が覚めているので、仕事の取り掛かりはスムーズです。

最後に、ペアを組んで、ストレッチのようなことをするのですが、
やり方も慣れてきて、お互いにほぐし方がわかってきているので
こっているところにピンポイントで刺激がきます。
普段、こりは感じない、こらないと思い込んでいたのですが
ピンポイントで刺激がきたとき、痛くて、体が悲鳴をあげていることに気づきました。

体もいたわっていかないといけないなあ、と改めて感じました。