Posts Tagged ‘投資’

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 名古屋 #2に参加しました。

日曜日, 7月 31st, 2011

2011/07/30(土)
コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ in 名古屋 #2
に参加しました。

東京 #14 に参加したときに
名古屋で開催されることを教えていただき、参加できました。

名古屋駅のタワーズビルの12階にある
ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン
で行われました。

東京での立食形式とは異なり、7人でひとつのテーブルを囲んで
語り合いました。

ご自分で証券会社を通じて、ファンドを選んで運用していらっしゃる方々が
多くいらっしゃいました。

私のイメージでは、
コツコツ=チョクハン
が強いのですが
長期の目線で資産運用するという目的は一緒であり、
また私の視野が広がりました。
せっかくなら、自分でも楽しみたい。
ほったらかしもいいけど、自分でファンドを選んでみるのも
楽しそうだな、と思いました。

これから運用対象を探していくうえで、目からうろこだったお話がありました。

インデックスファンドは、
どれも指標(たとえば、日経平均やTOPIX)と同じ値動きを
目指して運用するので、もし今持っているファンドが無くなっても
他のインデックスファンドへ乗り換えやすい。

これは、その通りと思いました。
今持っているファンドがずっと続く保証はなくて、無くなった時のリスクを
回避するためには、乗り換え先のことも視野に入れておくのも良いかなともいます。

チョクハンは、それぞれの運用会社で方針があって
それに共感して買うので、われわれ投資家も一緒に楽しむことができる点が好きです。
しかし、もし不測の事態で、そのファンドが無くなったら・・・と考えると
インデックスファンドを組み合わせた自分のファンドを作っておくのも良いかなあ。

今の段階では、まだ答えは出ていませんが、
証券会社を通じたインデックスファンドの購入も考えてみたいと思いました。


お店情報

ブラッスリー ポール・ボキューズ ラ・メゾン

関連ランキング:フレンチ | 名古屋駅近鉄名古屋駅名鉄名古屋駅

いただいたお料理
本日のランチ
“ポール・ボキューズ”のスペシャリテ
甘鯛のポワレ ジャガイモのクリスティヤン ウロコ仕立て

メインディッシュにバケットに入ったフランスパン
デザートのケーキとドリンクでした。

魚料理として甘鯛をいただきましたが、甘めのソースでとてもおいしかったです。


話題になった書籍

お金は銀行に預けるな

火曜日, 12月 21st, 2010

勝間さんの本は初めて読みました。
金融知識について非常に分かりやすく
身近な例えを出しながら解説されています。


本の構成

はじめに

第1章
金融リテラシーの必要性

第2章
金融商品別の視点

第3章
実践

第4章
金融を通じた社会責任の遂行

おわりに


最近、いろいろ投資信託に関する本を
読んできましたたが、
それぞれ、リスクを抑えた
長期の投資信託による投資に関する内容でした。

そして、自分の資産を増やすための手段
投資によって、世の中にお金を回し、
そのお金が世の中を元気にするために
使われるということでした。

この本で見つけた新たな視点は
「ワークライフバランス」を保つため
ということです。

ワークライフバランスの改善が必要だと
いわれていますが、その一つの方法が、
家計がよりリターンの高い金融資産を持ち、
労働収入にすべてを頼らない収入をもつこと

中略

単純労働においてはアジアを始めとする
発展の目覚ましい他の国々の安い人件費に
日本はかないません。

中略

ITの進展によって、熟練労働も
どんどん代替されてきています。

中略

日本において労働収入によって
これまでと同じ収入を
稼ぎ続けようと思えば思うほど、
よりきつくて難しい仕事を
長時間せざるをえなくなるのです。

P.24~25 抜粋

自分の資産を増やすことによる具体的な
メリットということもできると思います。

収入を得る手段として
労働収入以外のものを用意しておく
ということは、今の雇用状況の不安定からいえば
必要になってくるのかなと思います。

元本保証ではない投資信託などに投資する場合
リスクはあります。

高いリターンには
常に高いリスクが伴うということです。

中略

金融リテラシーを身につければ
チャンスがより広がることになります。
なぜなら、金融リテラシーがあれば、
株などの損益の変動は当たり前・・・
P.33抜粋

リスクというのは、あくまで計量かのうで、
コントロールできないリスクを取ってしまうことは
リスクとはいえず、
単なる危険(ギャンブル)を指します。
P.48抜粋

リスクを事前に知っておくことで、
それを回避、もしくは最小限にすることが
可能であると思います。

私が思いついた身近なリスクの例としては、
携帯電話の契約。

2年契約にすることで
月々の基本料が安くなる。
でも、途中解約はできないか、
解約には違約金が発生する。

よくある例ですが、
途中解約する場合には損をするのであって
使い続けるのであれば、得をします。
事前に知っておくことで、
この制度を利用することで
得をすることができます。

何かの本で読んだことのある内容ですが、
人は常に何らかのリスクを抱えている。
事故にあう、病気にかかるなど。
事故にあうから、外出しない。では
つまらない。事故にあわないように
交通ルールを理解して、安全に行動する。

人間関係を円滑にしてトラブルを回避するために
道徳教育を受ける。

それと同じで、金融のリスクを回避するために
金融リテラシーを身につけるということを
勝間さんは言いたかったのかな、と感じました。

学校教育で、金融に関してはあまり活発な
イメージはないし、
私もあまり記憶がありません。

最近は、前よりもメディアで投資について
取り上げられることが多くなり
だんだんと貯蓄から投資への流れが
でてくるにつれて、学校教育も変わることを
期待します。


リンク
勝間和代 – Wikipedia
勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!
勝間和代オフィシャルサイト


お金は銀行に預けるな
著者:勝間和代
発行所:光文社

長期投資家がニヤリとする7つのメガトレンド

木曜日, 12月 16th, 2010

はじめに

序章
大きく変わる世界の潮流を読み解こう

第1章
金融の時代が終わり、実物経済の時代へ

第2章
本格的インフレというメガトレンド到来

第3章
新興国の成長で資源、食料、環境すべてに投資不足

第4章
日本の産業構造が激変するのもメガトレンド

第5章
機関投資家の運用にも厳しい環境が待っている

第6章
個人金融資産は預貯金から投資へシフト

第7章
日本の金融ビジネスに地殻変動と新風が

終章
時間を味方につけて、おおらかな運用を心がけよう

おわりに


歴史的な背景を追いながら、
今後、長期投資が必要になる理由が述べられていて
分かりやすい内容です。

言うことがシンプルであることです。

株式投資の基本は
「安く買って、高く売ること」

実際にやるのは難しいとは思います。

年金も、もらえるかどうか分からない不安。
年金運用を止めて、
必要最低限の年金を税金でまかない、
プラスアルファが欲しければ、
自分年金として、自分の責任で用意する。
という趣旨のことが本に書かれていて
非常にシンプルな考えで共感しました。

確かに、自分で行動しなければならない分
負担ではありますが、
自分に責任がかかる分、自分で好きなようにできるから
ライフスタイルに合った運用ができて
それもメリットであると思います。

「足らなくなるものにこそ、ビジネスチャンスがある」
と本の中にあります。

世界的に見て人口は増えているようで、
資源・エネルギー・食料などが不足していくことが
考えられます。

そこで、解決するための新しいビジネスが出てくる、
そこへ投資をして、一緒に応援していく。
ということです。

理論としては、納得できますが
実際にそういう企業を見つけて投資をしていけるか
というと、私には難しいとは思いますが
そういう意識は持っていたいと思います。


リンク
ブクログ

FC2 ブックマーク


長期投資家がニヤリとする7つのメガトレンド
著者:澤上篤人
発行所:角川SSコミュニケーションズ

運用のプロが教える草食系投資

日曜日, 12月 5th, 2010

販売会社を通さない直接販売形式
いわゆる「チョクハン」を行っている
独立系投信会社を運営している3人が書いた本です。


はじめに

1章
投資に対する5つの誤解
「草食系投資」なら大丈夫

2章
肉食系の投信業界
あなたが投資信託で損する理由

3章
肉食な業界にいた僕らが
草食系投資に導かれたワケ

4章
プロがレクチャー!
草食系投資の実践手法

5章
三者三様 ホンネでバトル!
あなたに合った草食系投資

6章
草食系投資が作る
日本の未来

おわりに


それぞれのファンドの運営方針は違うものの、
長期の資産形成を応援するという目標は同じです。

難しいイメージのある投資ですが、
この草食系投資は
個人が少額ずつお金を出し合って、
運用会社が企業などに投資するもの。

世の中を元気にしたいとは思いますが
自分だけでは世の中を変えることは難しいです。
でも、自分のお金を少しずつでも(毎月数千円程度でも)
世の中へ投資として送り出すことで、
たくさんのお金が世の中に回って、
世の中が元気になるのであれば、とてもうれしいです。

自分のお金を増やすことも必要ですが、
投信を通じての投資先企業などについても
たまには調べてみて、元気になっているな、
私も頑張らなくては、というきっかけになり
一緒にプロセスを楽しむことができれば
今まで知らなかった投資の楽しさをしることになるかも
知れないと思います。


リンク
■渋澤健氏関連
コモンズ投信
ツイッター
ブログ「渋澤健の30年投資日記」

■中野晴啓氏関連
セゾン投信
ツイッター
ブログ「セゾン投信・社長日記」

■藤野英人氏関連
レオス・キャピタルワークス
ツイッター
ブログ「草食投資隊藤野英人(@fu4)のブログ」



運用のプロが教える草食系投資
出版社:日本経済新聞出版社
著者:渋澤健、中野晴啓、藤野英人

未来へつづく資産形成のすすめ

木曜日, 11月 4th, 2010

セゾン投信さわかみ投信共同のセミナー
未来へつづく資産形成のすすめ

このセミナーのセゾン投信中野社長のブログはこちら

10月26日 西武百貨店でありまして、行ってきました。

長期投資ではおなじみの両社の社長のお話が聞けるとあって
100席ほどの席は、ほぼ満員でした。

投資といえば、
年配の方の参加が多いイメージですが
若い方の参加もありました。
就職活動中の大学生も参加していて
若いうちから経済について考えているんだなあ
と思いました。

私は、さわかみ投信社長の澤上氏の
ニコニコと楽しそうに、テンポのよいお話

長期投資を語りだしたら止まらない勢いの
セゾン投信社長の中野氏のお話を聞いていると
こちらまで元気が出てきます。

両氏のお話で共通して言えるのが
「景気を良くするために、お金を使う」
そのための手段が「長期投資」

ということです。

高度経済成長で
世の中が豊かになり、
日本国民が、
洗濯機、冷蔵庫、テレビなど
どんどん買う、(需要が増える)

企業は、売れるからどんどん作る
(供給)

だから、お金を使えば景気が
良くなるというシナリオは
自然にうなづけました。

しかし、現実問題
収入が少なくて
節約しないと生活していけないです。

せっかく使うのなら、
いつか自分にプラスになる
(リターンがある)使い方をしたい。
それが、長期投資と思います。

投資の意義はよく分かりましたが
実際、どの会社に投資するのか
いい会社を見極めるためには
勉強していかないといけないと思います。

紹介されていた2冊の本を
是非読んでみたいと思います。



長期投資家がニヤリとする7つのメガトレンド
著者:澤上篤人
発行所:角川SSコミュニケーションズ



運用のプロが教える草食系投資
著者:渋澤健/中野晴啓/藤野英人
発行所:日本経済新聞出版社


リンク
社長日記(セゾン投信中野社長のブログ)
澤上篤人の長期投資家日記

投資信託にだまされるな! 2010年最新投信対応版

土曜日, 10月 9th, 2010

本の構成

第1章
こんな投信は買ってはいけない!

第2章
これだけ知っておけば
金融機関にだまされない!

第3章
では、どんな商品を買えばいいのか?

第4章
世代別にみる、投資信託の活用法

第5章
投信の疑問にすべて答えます


前作も読みましたが、
投信との付き合い方の基本は変わらず
情報が最新になっていました。

前作を読まれた方も復習という意味で
お薦めです。

前作と基本内容が同じなのは
いつの時代も、投信との付き合い方を変えない
長期投資が有効であるとの見方ができます。

ポイントが分かったところで
いろいろ目論見書でもみてみるかな。


過去の関連ブログ記事

投資信託にだまされるな!

投資信託にだまされるな!Q&A



投資信託にだまされるな!2010年最新投
竹川美奈子
ダイヤモンド社

投資信託にだまされるな!Q&A

木曜日, 9月 16th, 2010

投資信託にだまされるな!のシリーズで
Q&A形式が中心の本です。
※投資信託にだまされるな、の私のブログ記事はこちら

キーワードは、「チョクハン投信」。
※チョクハン投信
 販売会社を通さずに、運用会社が直接販売する投資信託。
 販売会社を通さないため、手数料が安いことが多い。

私が感じたポイントは3つ。
・広く世界に分散投資できる「インデックスファンド」
・手数料(購入手数料が限りなく0に近く、信託報酬が1%未満)が安い
・積み立て(銀行からの自動引き落とし)ができるもの

某貴金属会社のCMではありませんが、「コツコツ」
あせらず時間をかけてお金を育てていくことが基本になる。
と感じました。


投資信託にだまされるな! Q&A

貯金3000万円を目指す!「究極」のお金の授業

金曜日, 8月 20th, 2010

所有している金銭は自由への手段であるが、
追い求める金銭は奴隷への手段である
(ジャン=ジャック・ルソー)

この言葉で始まり
多くの著名人のインタビュー記事が載っていました。

お金をためるための手段。

1.収入を増やす
収入を増やすには、
・仕事をする(自分が働く)。
・投資をする(お金に働いてもらう)。
投資の対象は、日本国株式、日本国債、海外国債、海外株式、不動産投資など
そして、自己への投資。

2.支出を減らす
支出を減らすには、節約をして無駄遣い(浪費)を減らす。
生活の水準を下げて、生活費(食費など)を減らす。
保険の見直しなど。

でも、お金をためることが目的ではなく
お金を使って何をするか、そのすることが目的ですから
お金をためるために労力を使いすぎないほうが良いと思います。

そのことが、冒頭に書いた
ルソーの言葉の意味ではないかと思います。


別冊宝島1665 貯金3000万円を目指す!「究極」のお金の授業
発行:宝島社

投資信託にだまされるな!

月曜日, 7月 19th, 2010

以前参加した
直販ファンドのセミナー
隣に座って見えた方から薦めていただいた本です。
投信ユーザにはおなじみの入門書のようです。

【目次】

  • はじめに
  • 第1章 こんな投信は買ってはいけない
  • 第2章 これだけ知っておけば金融機関にだまされない!
  • 第3章 では、どんな投信を買えばいいのか?
  • 第4章 おすすめの投信と販売会社
  • 第5章 世代別に見る、投資信託の活用法
  • 付録
  • あとがき

最近は、銀行に預けておいてもほとんど利息がつかない低金利時代。
年金がもらえるか分からない、老後の生活資金が不安だ、
ということで、個人資産が投資に回りだしているようです。

せっかく苦労して稼いだお金を投資するのですから
十分なリターンを期待したいところです。

この本では、投信の基礎がポイントを絞って、分かりやすく書いてあります。

超要約すると、こんな感じです。

  • 銀行、証券会社で薦められる投信は、
    コスト(手数料など)がかかり、思ったほどのリターンが得られないものが多い。

  • リターンが見込めると同時に、それだけのリスクもあること。
  • 長期で資産形成したければ、
    少しでも手数料が少なく、分配金が少ないものがよい。

  • 国際分散投資により、リスクを最低限にする。

私なりの解釈も入っているため、
詳しくは本を読んでいただければ幸いです。

良い投信をいくつかピックアップして、それぞれに分散して投資していく。
今は、それをカバーした「チョクハン投信」というものもあります。
※チョクハン投信
 販売会社を通さずに、運用会社が直接販売する投資信託。
 販売会社を通さないため、手数料が安いことが多い。

自分のお金。
働いて、節約して、お金を生み出すことも必要ですが、
お金にも働いてもらうことを考えないといけない時代がやってきているのかな
と思いました。


著者の竹川美奈子さんに関するページへのリンク
About Money -Financial journalist / 竹川美奈子-
竹川美奈子 (minakotakekawa) on Twitter


投資信託にだまされるな!

投資信託にだまされるな!

価格:1,575円(税込、送料別)

年収200万円からの貯金生活宣言

月曜日, 7月 19th, 2010

年収200万円からの貯金生活宣言

お金関係に敏感で、つい手に取ってしまいました。

【目次】

  • あなたはどれぐらいあてはまる?
    貯金力チェックテスト

  • はじめに
  • CHAPT1 使わないお金を増やすことから始める 収入アップ
  • CHAPT2 あなたが貯金できない理由
  • CHAPT3 明日から変われる!貯金体質トレーニング
  • CHAPT4 90日プログラムで貯金力を10倍アップ
  • CHAPT5 知らないと危険!お金の落とし穴
  • CHAPT6 それでも貯められないあなたへ
  • あとがき

家計再生という観点で、まずは家計を見直すことから始める
初歩から分かるように書いてある本です。

私は、結構無計画にお金を使ったりして
支出がいくらか把握していないこともあったりするので
この本での指摘に耳が痛かったりしました。

この本から学んだことは、
自分の支出を把握する。
大事なのは、それぞれの項目にどのくらいの割合でお金を使っているのか
把握することから始めること。

項目は「消費」「浪費」「投資」。

  • 「消費」
    生活に必要なものの購入や、使用料としての支払い全般。
    生産性はさほど伴わないもの。
    例:食料や住居費、水道光熱費、教育費、被服費、交通費など。

  • 「浪費」
    生活に必要でないもの、今をひたすら楽しむためなどの、
    無意味な使い方のことを指します。
    いわゆるムダづかい。もちろん生産性もない使い方です。
    例:嗜好品(タバコやお酒、コーヒー)、
    程度を超えた買い物やギャンブル、
    固定化された高金利など。

  • 「投資」
    必ずしも生活に不可欠なものではないのですが、
    将来の自分にとって有効につながる生産性の高い使い方。
    投資信託や資産運用のことだけを指すのではなく、
    何かを学ぶ、本を読むなども、これに当たります。
    生産性が伴う店では消費とは対極にあります。
    例:習い事、本代など学ぶための費用、投資信託、貯蓄など。

浪費をいかに減らしていくかがポイントです。
改善するには、まず今の自分を知ること。
前回読んだ、
なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか?
にもありましたが、
餃子の王将の店長は、損益計算書が読める
自分の店の状態を数字で把握しているからこそ、
改善して最適な状態を保てることを学びました。

まずは、支出を把握するために、
家計簿ならぬ、支出記録をつけ始めました。

記録をつけだすと、
買う前に本当に必要なものか考えるようになったので、
よいきっかけになったと思います。
できることからコツコツ、これを大事にしていきたいと思います。


リンク
株式会社マイエフピー
お金を貯める!借金なんかいらない!! 家計再生相談の㈱マイエフピーのブログ
著者の横山光昭氏のtwitter


年収200万円からの 貯金生活宣言

年収200万円からの 貯金生活宣言

価格:1,260円(税込、送料別)