Posts Tagged ‘英語’

英語が身近に迫った出来事

月曜日, 11月 8th, 2010

11/6(土) 午後に、原宿の100円ショップでの出来事。

中国人と思われる方が
店員さんに、商品の値段を聞いていました。
そこで「105円」と言われていました。

その後、私の方へ寄ってきて
英語?で話しかけられました。
「★◆〇-#・・・」???
困った顔をしたら
「ヒャクゴエン ナインティファイブ」

105円の意味が知りたいのだな、と思い
「ワンハンドレッド ファイブ」
といいながら、指で
イチ マル ゴ と数字を示して
いいました。

すると、相手は笑顔で
お礼らしき言葉を言っていました。

身振り手振りで伝えようとすれば
何とかなることもあるなあと思いました。

以前、テレビで
外国の方から日本で不便に感じたことで
「日本人で英語が話せない人が多い」
ということが挙げられていました。

自分は関係ない(英語を使うことなんて無い)
と思っていた矢先だったので、
勉強しないといけないなと思いました。

できる人の英語勉強法

金曜日, 8月 6th, 2010

東進ハイスクールの英語講師などで活躍されている
安河内哲也さんの本です。


【目次】

はじめに

第1章 英語は体を使って勉強しなさい
第2章 [リスニング] 英語の「聞く力」をアップする
第3章 [スピーキング] 英語の「話す力」をアップする
第4章 [リーディング] 英語の「読む力」をアップする
第5章 [ライティング] 英語の「書く力」をアップする
第6章 単語や熟語を「忘れない記憶」にするための暗記術
第7章 いつでもどこでも勉強ができる「英語教材」の使い方

私の英語ストーリー
私が英語を話せるようになるまで

おわりに


2009年12月から、NHKラジオ講座で英語の勉強を続けていますが
身についてきた実感が沸きません。

音読を続けることが大切とは聞いていますが、意味が分からない英文を
音読していても、楽しくないし、ノルマとして続けている感覚になってしまいます。

しかし、この本でも音読が大事ということが書かれていて
音読については、
声に出して読みたい日本語』でお馴染みの齋藤孝さんも、
音読を推奨してみえると聞いたことがあります。
音読については、言語を問わず有効であることを改めて感じるとともに、
私のやっていることは間違いではないようです。

あわせて、高校程度の文法や語彙も必要であることが書かれていて
そこが私には足りないのだな、と思いました。

中学生のころに使っていた教科書を探してみようかな、と思います。

いずれにしても、長く継続していかないと
言語は身につかないな、と改めて感じました。


【リンク】
安河内哲也の勉強天国
東進予備校の安河内 哲也 先生 プロフィール


できる人の英語勉強法

できる人の英語勉強法

価格:1,365円(税込、送料別)

Let’s roll up our sleeves and get to work!

水曜日, 6月 23rd, 2010

今朝、英語の勉強をしていたら、気になる表現がありました。
Let’s roll up our sleeves and get to work.
気合いを入れて、仕事に取りかかろう。
※英語5分間トレーニング 2010年6月16日放送分より

腕まくりをして、仕事に取り掛かろう。
⇒「腕まくり」は気合いを入れるときにすることが多いので
比喩的に、上記のような訳になったと想像しています。

rollで辞書を引くと、下記の連語が掲載されていました。
roll up one’s sleeves
・(仕事・けんかを始めようと)腕まくりをする。
・比喩的表現:仕事に取り掛かる。
※プログレッシブ英和辞典(小学館)より

腕まくり ⇒ 気合いを入れる ⇒ 仕事?

roll up one’s sleeves で検索したら、
類似の訳が紹介されていました。

◆本気になって取り組む
smart.fm

◆本腰を入れて仕事をしないと、~

本腰を入れて仕事をしないと、期日までに終わらないぞ。
If we don’t roll up our sleeves and get to work, we won’t finish in time.

スペースアルク 英語表現事典

英語も連想して広がっていくものなんだと思いました。

さて、私も
Let’s roll up our sleeves and get to work!

魚心あれば水心

木曜日, 6月 10th, 2010

Scratch my back and I’ll scratch yours.
背中をかいてくれ、君のをかいてあげるから
ことわざ「魚心あれば水心」
※プログレッシブ英和辞典(小学館)より

ちなみに、「魚心あれば水心」とは
相手が好意を示してくれれば、こちらも好意をもって応対する気になるというたとえ
※現代新国語辞典(小学館)より

検索したら
Claw me and I’ll claw you.
という表現もありました。
ことわざデータバンクより

clawは、ひっかくという意味があるので
掻いてくれたら、掻いてあげるよ。かな

英語にするといろんな表現がありますね。

相手がしてくれたら、私もしてあげる色が強い英語表現ですが

見方を変えれば、「まずは自分から」という考え方もできると思います。
※参考:名言から学ぶ幸せのヒント

過去と相手は変えられないけど、自分は変えられる、ということですね。

TOEIC初受験

日曜日, 1月 31st, 2010

今の英語の実力がどのくらいなのか、客観的に知りたいと思い
TOEICを受験しました。

どんな問題が出るのかも知らずに(事前に本やネットで情報を調べた程度)
会場に向かったので、今までの他の試験とは違うところがたくさんありました。

メモ禁止。ということは、リスニングは、即判断、即解答する力が求められるので
相当日々訓練していないとできないです。

問題も一切日本語がないので、何を問うているのかも良く分からない、
という状態。

この1冊ですべてが解るTOEICテストには
2回受けてみて、実力を知るということが書いてありましたが、その時の状況でもスコアは多少上下するようです。

2009年12月から、NHKラジオ英会話を始めましたが、
まだまだ始めたばかりなので、継続していきたいと思います。

2010年、あけましておめでとうございます。

金曜日, 1月 1st, 2010

あけましておめでとうございます。

昨年は、多くの方々にお世話になりまして
ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いつもは、それなりにこれをやろう
ということは考えているのですが、明記しておかないので
昨年は何をやろうと思っていたのかわからなくなっています。
というわけで、この場で記載させていただきたいと思います。

・昨年12月より始めた英語の勉強
4時起きのオフ会で宣言したこともあり、
続けていきたいと思います。
最終的には、英語の文章が読めるようになりたいと思います。

・同じく4時起きのオフ会で宣言した情報処理の勉強については
具体的な明言はしていませんでしたが
4月の応用情報技術者試験の合格を目指して、
過去問題集を中心として毎日1題を目安に解き始めました。

これら2点は、業務上のスキルアップを狙ったことですが
これはあくまで仕事が効率よくできるためのツールを身につけるためであって
確保した自分の時間やお金で何をするのか、
ということについて考えていく必要があると思います。

とりあえずやってみる、やってみてそこでまた考えれば良い
と楽観的に考えているところもあります。

また、私は継続していくことが苦手で、
間際になってあわてるタイプなので
コツコツとやる習慣を身につけるきっかけにしたいと思います。

1年後に自分でこのブログを見て、
どんなことを思うのか楽しみです。

ヨジラーブランチオフ会

月曜日, 12月 14th, 2009

ヨジラーブランチオフへ参加しました。

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!(以下、4時起き本)
について話し合う会です。

私の参加の目的としては、すでに4時起きはできているのですが
とりあえず形から入ろう、ということで中身は伴っていない状況です。
というのは、4時起き本にある、4時に起きて何をするのか、何のために起きるのか
というのが後回しになっている状況なので、オフ会で話題にして自分の中で
方向が固まればいいな、と思いました。

みなさんの共通の目的(細分化という意味では、目的というよりツール?)
早朝の時間は、自分の時間として使える
この時間を作る
ことです。

この会で私が感じたことは
早起きして何がしたいのか、方向を見つけるため
前向きと思ったことです。

私は、何がしたいのか
具体的になっていないのですが
オフ会でお話した
・英語の勉強
・仕事の勉強(情報処理の勉強)
について、朝の時間を使えるように
まずは細分化していくことからです。

たとえば、英語の勉強といっても漠然としているので
「NHKのラジオ講座」を1講座ずつ聞く
その過程が客観的にわかるように、toeicを受けてみる。
自分の好きな、モンスターズインクのDVDが字幕なしで理解できるようにする。
最終的には、仕事で必要な、英語で書かれた各種ドキュメントがわかりたい、
など。

もっと毎日のタスクに落とし込む必要はありますが
とりあえずはざっとこんな感じ。