Posts Tagged ‘4時起き’

4時間半熟睡法

日曜日, 6月 27th, 2010

ヨジラーでおなじみの
早起きして、朝活の時間を生み出すことに興味を持っています。

そこで、いかに効率よく睡眠をとるか気になり
「4時間半熟睡法」という本を読みました。

【本の構成】
はじめに
1章 「4時間半熟睡法」とは?
2章 「4時間半熟睡法」の実践に欠かせない「睡眠の基礎知識」
3章 睡眠の「質」を高めるテクニック
4章 深く眠り、朝スッキリ起きたい人のための「快眠グッズ」

【感想】
医学博士の遠藤拓郎さんが
専門知識を、一般的に分かりやすく書かれた本です。

150ページほどで、するすると読めてしまいます。
※すでに前提知識として知っていた部分が多かったことも
 手伝ったかもしれません。

この本に書かれていたことを、私のライフスタイルに合わせると
どうなるか、という観点で書いていきたいと思います。

————————————————–
◆何時間睡眠が適切なのか。

人間の適正な睡眠時間は
6時間半から7時間半!

しかし、実際にこれだけの睡眠を確保するのは
難しく、また自分の時間を確保したいことから
どの程度まで睡眠を削ることができるか、
という観点で書かれていました。

このことから、できるなら
6時間半から7時間半の睡眠があればベストみたいです。
しかし、小学生のころ、10時間寝なさい、と言われたことの
根拠はよくわかりません。

この本で推奨する削っても良いパターン

  • ウイークデー(月曜~金曜)の5日間は「4時間半」の睡眠で乗り切る。
  • 土曜、日曜のどちらかで「7時間半」の睡眠をとって、体を回復させる。
  • 土曜、日曜のどちらかはパフォーマンスに支障がない「6時間」の睡眠にする。

これを、私のパターンに当てはめると

  • ウイークデー(月曜~金曜)の5日間は「5時間」の睡眠で乗り切る。
    23時就寝、4時起床

  • 土曜はパフォーマンスに支障がない「6時間半」の睡眠にする。
    23時就寝、5時半起床

  • 日曜は「8時間」の睡眠をとって、体を回復させる。
    23時就寝、7時起床(7時じゃ遅いような。。22時就寝、6時起床のほうがいいのかな・・・)

何故、30分ずつ睡眠をプラスしているかというと
布団に入ってから寝つくまでの時間の猶予を見たためです。

また、睡眠のコアタイムも推奨していて

睡眠のコアタイム(午前0時から午前6時)を意識して、
規則正しい睡眠を組み立てよう!

とのことで、出来れば日によって睡眠時間帯を大幅に変えないほうが
良いようです。その意味でも、土日に昼まで寝ていることは
良くないと思います。

私の経験では、おふろに入った後で
猛烈に眠気が襲ってきます。これは、
体温が急激に下がると眠くなるという性質があるようですね。
このことから、出来るだけ寝る前にお風呂にはいったほうが
良さそうです。

ただ、これからの季節、帰宅してすぐに汗を流したいので
正直どうしようか迷うところです。

また、いくつかグッズも紹介されていました。

私が気になったのは、CD。

Dreams

Dreams

価格:2,339円(税込、送料別)

Dreams2 ドリームス

Dreams2 ドリームス

価格:2,339円(税込、送料別)

ここで、意識しておきたいのは
何故睡眠を削るのか、という目的意識を持つことと思います。

そうでなければ、無理して睡眠を削ることなく
8時間寝ればよいことと思います。

これから充実した時間が持てることを期待したいと思います。

4時間半熟睡法

4時間半熟睡法

価格:1,365円(税込、送料別)

朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!

朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!

価格:1,260円(税込、送料別)

熟睡できる本

日曜日, 2月 7th, 2010

昨年の11月くらいから、早起きを意識するようになったのですが
いざ実行しても、昼間の作業効率が悪くなったり
早起きが続けられなかったりしました。

短時間で効率よく眠りたい、という思いからこの本を読みました。

睡眠は、脳を休ませること。
長さではなく、質であるということ。

深い眠り、浅い眠り、が交互に現れて、それは90分単位。
一般に言われる、8時間睡眠であれば
5セット(450分)+α(30分)=8時間(480分)
※αは、布団に入ってから眠りにつくまでの時間を想定。

私の理想で考えてみました。

23時ごろに寝ます。
もし、8時間睡眠とすると、7時起床。
これでは、自分の時間が取れないので、1セット少なくしてみます。

4セット(360分)+α(30分)=6時間半(390分)
23時に寝れば、5時半起床。

3セット(270分)+α(30分)=5時間(300分)
23時に寝れば、4時起床。

いつも6時半くらいから出勤の支度をはじめるので
理想は、3セットで4時起き出来れば、2時間半の自分の時間ができます。
今は、4セットで1時間の自分の時間があります。

毎日続けて体に覚え込ませれば、短い睡眠時間でも
脳が休めるような睡眠になる、ということのようです。

私も意識して眠るようにしたら、
わりとすっきりと目覚められるようになったので
良かったと思います。

私の疑問であった質の良い眠りに焦点を合わせて感想を書きましたが
詳しい睡眠メカニズムが、具体的な実験例とともに書いてある本です。

—–
熟睡できる本
著者:井上昌次郎
出版社:光文社

2010年、あけましておめでとうございます。

金曜日, 1月 1st, 2010

あけましておめでとうございます。

昨年は、多くの方々にお世話になりまして
ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いつもは、それなりにこれをやろう
ということは考えているのですが、明記しておかないので
昨年は何をやろうと思っていたのかわからなくなっています。
というわけで、この場で記載させていただきたいと思います。

・昨年12月より始めた英語の勉強
4時起きのオフ会で宣言したこともあり、
続けていきたいと思います。
最終的には、英語の文章が読めるようになりたいと思います。

・同じく4時起きのオフ会で宣言した情報処理の勉強については
具体的な明言はしていませんでしたが
4月の応用情報技術者試験の合格を目指して、
過去問題集を中心として毎日1題を目安に解き始めました。

これら2点は、業務上のスキルアップを狙ったことですが
これはあくまで仕事が効率よくできるためのツールを身につけるためであって
確保した自分の時間やお金で何をするのか、
ということについて考えていく必要があると思います。

とりあえずやってみる、やってみてそこでまた考えれば良い
と楽観的に考えているところもあります。

また、私は継続していくことが苦手で、
間際になってあわてるタイプなので
コツコツとやる習慣を身につけるきっかけにしたいと思います。

1年後に自分でこのブログを見て、
どんなことを思うのか楽しみです。

2009年、今年読んだ本

木曜日, 12月 31st, 2009

今年読んだ本

物語というより、自己啓発系の本を読むことが多かったです。

アラサーとなり、今後の自分はどうしたらよいのか

あせっている中自然にこういった分野の本を読んでいたのかな

と思います。

その中で、印象に残っている本を書きます。

————————————————–
忙しい人の即効!勉強術
臼井 由妃 (著)

著者の臼井さんご自身が、経営に携わるようになってから
多くの資格を取得された体験をもとに勉強法が紹介されています。

私は、
資格があっても実績が伴わなければ意味がない、と思っていました。
しかし、これは資格を取った後の話であって
最初はゼロからのスタートなので
資格というツールで入口を作らないと始まらない
ともいえるなあ、と感じたきっかけになりました。
————————————————–
「残業ゼロ」の仕事力
吉越 浩一郎 (著)

時間内に仕事を集中して終えることにより
精度を上げる、ということもそうですが
定年で退職したあとのことを考えると
今のうちから、仕事以外の自分の居場所、
ということを考えさせられた1冊です。

私の職業のプログラマでは
深夜残業が当たり前となっていて
これが疑問にも感じなくなっていました。
そして、休日は寝て過ごす、ということが
当たり前でした。

実際、残業ゼロにするにはまだまだ自身の改革が必要ですが
まずは自分の意識を変えることに1歩近付けようとしています。

————————————————–
「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!
池田 千恵 (著)

早起きをすることで得られること、
早起きは何かを実現するための手段である
ということを感じた1冊でした。
実際に、早起きすると、
自分自身を冷静に見つめられる時間が手に入り
前向きになれることを実感しています。

上記2冊の本での
・資格取得勉強
・残業ゼロにする
ために朝の時間を有効に使う
という自分の中でリンクできた感じがします。

私がこの本に出会った時期に、
ちょうどtwitterが流行りだしたじきでもあり
おはようございます、とつぶやく方々が増え、
一層やる気が出てきている最中です。
————————————————–

ヨジラーブランチオフ会

月曜日, 12月 14th, 2009

ヨジラーブランチオフへ参加しました。

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!(以下、4時起き本)
について話し合う会です。

私の参加の目的としては、すでに4時起きはできているのですが
とりあえず形から入ろう、ということで中身は伴っていない状況です。
というのは、4時起き本にある、4時に起きて何をするのか、何のために起きるのか
というのが後回しになっている状況なので、オフ会で話題にして自分の中で
方向が固まればいいな、と思いました。

みなさんの共通の目的(細分化という意味では、目的というよりツール?)
早朝の時間は、自分の時間として使える
この時間を作る
ことです。

この会で私が感じたことは
早起きして何がしたいのか、方向を見つけるため
前向きと思ったことです。

私は、何がしたいのか
具体的になっていないのですが
オフ会でお話した
・英語の勉強
・仕事の勉強(情報処理の勉強)
について、朝の時間を使えるように
まずは細分化していくことからです。

たとえば、英語の勉強といっても漠然としているので
「NHKのラジオ講座」を1講座ずつ聞く
その過程が客観的にわかるように、toeicを受けてみる。
自分の好きな、モンスターズインクのDVDが字幕なしで理解できるようにする。
最終的には、仕事で必要な、英語で書かれた各種ドキュメントがわかりたい、
など。

もっと毎日のタスクに落とし込む必要はありますが
とりあえずはざっとこんな感じ。